核家族になったことも一因

ろうそく

時代の流れはいろいろな事柄に変化をもたらしていますが、お葬式と言う古くからある儀式においても、その形を変えて来ているようです。昭和の高度成長時代におけるお葬式は、一般葬と言われる大勢の人たちが見送る葬儀がごく普通に行われて来ていました。この一般葬は今でも行われていますが、その割合は少なくなったと言えるでしょう。これら葬儀に変わって目立つようになって来ているのが、家族葬と言われるものです。家族葬が広く行われるようになって来たのは、大家族主義と言われる親・子・孫など三代が一緒に住む時代から、別々の家庭を築くように変わって来たことが考えられます。故郷を出て、東京や埼玉と言った首都圏に住む人が増え、地方に住む両親とは別の暮らしをするパターンが多くなったことが要因とも言われます。更には高齢化現象から、現役を退いてから時間が長く経ってからの葬儀が行われると言う、時間経過も影響があるとされます。

引退してから時間が経ちすぎている

埼玉県内で家族葬と言われる葬儀が増えた理由には、いくつかの要因が考えられます。一つは亡くなられた方の年齢が高齢化して来ていることで、一般社会環境から引退した人が多いと言うことです。そのため、わざわざお通夜や告別式に来て頂くには、申し訳ないと考える遺族が多くなったことがあります。加えて近所付き合いと言うこともなくなっている場合が多く、ごく身内だけでの葬儀を行いたいと家族葬に決める場合もあると思われます。また遺族の方々も、亡くなられた方を静かに見送りたいと考えることで、ごく少ない人数での式を望むと言うことも考えられます。亡くなられてからわずかの時間で、お別れしてしまう訳ですから、遺族だけの時間を過ごしたいと考えるのも当然のことかも知れません。

費用負担が少なく済む

埼玉県内で家族葬が増えている理由に考えることで、本人の意志と言うものがあります。最近の風潮で自分自身が終活を行う人が多くなり、所持品の整理だけでなく、葬儀に対する希望を伝える人も増えています。葬儀に来て頂くのは気の毒だから、家族だけの葬儀を行って欲しいと希望する人も多くなったようです。終活する時間を持てることが、家族葬を増やす要因にもなっているのでしょう。また家族葬のような小さな葬儀を行うことも、時代のトレンドとなっていると思われます。何事にも縛られない自由な式を希望する場合も出て来ており、僧侶のいない式や音楽を流すだけと言った式なども行われるようになりました。喪主にとっても少人数での式は、費用の心配も少なく終わるはずです。そして家族や身内だけで行う式では、気を使う必要がなく、ゆっくりとした時間で式を行うことが出来ます。喪主になられた人の疲労を少なく出来るメリットもあり、これからも家族葬と言う式は多くなると思われます。

広告募集中